人気ブログランキング |

屋根・外壁の塗装

屋根と外壁の塗装のリフォーム工事を行っています。
足場を建てて、まずは高圧洗浄にてコケや古い塗装を剥がします。
b0142417_18434841.jpg
塗装前(コロニアルの先端には苔や汚れが)

b0142417_18435588.jpg
高圧洗浄前

b0142417_18435845.jpg
高圧洗浄中

b0142417_18440298.jpg
苔や古い塗装を剥がし

b0142417_18441279.jpg
棟板金や他の板金部分には錆止め塗装を行い
コロニアルの部分には専用シーラーを塗ってから

b0142417_18441522.jpg
仕上げに遮熱塗料を塗り、屋根部分の塗装は完了です。

屋根や外壁の塗装は、防水性や防錆性が高まる事により、屋根の耐久性があがります。
遮熱・断熱性も高まりますので、屋根や外壁のメンテンナンスを定期的に行う事をお勧め致します。








# by tanakashinbun | 2019-07-10 18:51 | 眞壁 | Comments(0)

「荒川の家Ⅲ」塗装工事

「荒川の家Ⅲ」では
3階の木工事が終了し、
内部の塗装工事を始めています。

b0142417_17240310.jpg
サクラの耳付きの無垢板
材の存在感をしっかりと引き立たせる
さすがの塗装。
丁寧な仕事です。
b0142417_17240381.jpg
玄関土間の木工事も佳境。
b0142417_17275043.jpg
b0142417_17275059.jpg
b0142417_17240418.jpg

b0142417_17240402.jpg
キッチンまわりも後少し。
キッチン周辺は大工による造作家具が集中しています。
渡辺大工が製作しています。
どれもが熱が入った素晴らしいものです。
b0142417_17240425.jpg
b0142417_17240332.jpg
b0142417_17240406.jpg
b0142417_17240428.jpg
ファミリー収納の布団を仕舞う棚は
クライアントのご希望で
通気性の良さからスギのスノコ棚としています。
b0142417_17240382.jpg






# by tanakashinbun | 2019-07-05 17:38 | 森下 | Comments(0)

大工の仕事

先日、木工事の絶賛ラストスパート中である荒川の家Ⅲで渡辺大工の仕事をしばらく見る機会がありました。
普段は造作工事の細かい過程まで見ることは少ないのですが、つくる過程を見ることで気付くこともあるので大事な時間です。


b0142417_20514663.jpg

渡辺大工がつくっているのはキッチンに設ける棚
キッチンに立った時に目線に見えるもので、周りが表情が穏やかなシナランバーを使った家具ばかりの中でこれだけは表情豊かな杉を使っていることもあり、
キッチンの印象を決める部分かもしれません。


そんなこともあってか??渡辺大工がものすごい集中していたので見入ってしまいました。



材料は杉のJパネルという材料
杉の挽き板を三層に重ね合わせたパネルで、工場で生産されていますが無垢の一枚板に近い材料です。
当然杉材本来のクセが残っています。
(やわらかいとか、繊維方向に割れやすいとか、赤身がこうで白太をこっちに持ってきてとか…エッジもきまりにくいかもしれません。)

b0142417_20515311.jpg

接合部分の加工です。
すごく複雑というわけではありませんが、強度や見た目を考えなければ他にも簡単な方法はあります。
背面以外すべて見えてくるというのがミソかもしれません。



b0142417_20521634.jpg

組んだあとも細部まで確認を欠かしません。


ひと息ついたとき、渡辺大工に
わざわ座のときより明らかに気合入ってますね。」
というと何かことわざっぽいことを言って笑っていましたが(忘れてしまいましたが…。)
なにはともあれ良いものができたと思います。





































# by tanakashinbun | 2019-07-03 21:51 | 今枝 | Comments(0)

「荒川の家Ⅲ」大工工事

「荒川の家Ⅲ」では木工事が
大詰めを迎えています。

現場ブログホームページで進捗状況を
随時お知らせしています。

b0142417_16372810.jpg

玄関土間は杉の羽目板貼り。
板の間に棚柱を埋め込んでいます。

b0142417_16372998.jpg
さわら貼りのハーフバス
b0142417_16372855.jpg
キッチンとダイニングの段差
リビングと小上りの段差
b0142417_16372824.jpg

b0142417_16372813.jpg

b0142417_16372854.jpg
大工さん達の仕事の細部を是非ご覧になって下さい。
熱の入った素晴らしい仕上がりばかりです。
b0142417_16372717.jpg




# by tanakashinbun | 2019-07-02 16:48 | 森下 | Comments(0)

「流山の家」7月上旬上棟予定

7月月初に上棟を予定している「流山の家」。
現場ブログも始まり、進捗状況をご報告しています。
b0142417_16140312.jpg

「流山の家」は閑静な住宅街にある2階建て木造住宅です。

ここには、まちづくりガイドが存在し、住まい手が共通意識をもつことで

良好な住環境を維持・形成していこうとしているエリアです。

屋根形状や壁面の後退、色彩基準など様々な要件があります。

屋根形状はまちづくりガイドに従い、寄棟とし、

軒をしっかりと出すことでゆったりとした印象になりました。

外壁材はガルバリウム鋼板ZiG/タニタハウジングとしています。

外皮性能を示すUa値は0.47(6地域基準値0.87 ZEH基準値0.6)

耐震性を示す耐震等級は最上級の3。

構造材は和歌山の山長商店にお願いし、

柱全てと梁の一部を紀州産杉(JAS材)を使用しています。

さらに、スピード化と高品質化を図るために

サッシと構造材をパネル化したウッドステーションによる

木造大型パネル工法を採用しました。

b0142417_16261217.png
1階はLDKと小上り、水まわり。
半既製品に無垢材ブラックチェリーの幅接ぎ板を面材とした
オリジナルのキッチン。
モザイクタイルを壁面に使用した造作の洗面化粧台。
b0142417_16264521.png
b0142417_16264802.png
ダイニングには飾り棚と4mのベンチ収納を設けます。
ダイニング・リビング・小上りと続く空間は伸び感もあり
ゆったりとくつろげる空間になります。

2階は屋根なりの勾配天井に見守られながら
共用スペースと寝室があります。
吹抜けに面したカウンターにはニューライトポタリー
ペンダントライトを合わせます。
b0142417_16333873.png
b0142417_16381779.png
b0142417_16433774.jpg
b0142417_16331561.jpg



現場ブログ是非ご覧下さい。

構造見学会・完成見学会などの情報も随時お知らせします。





# by tanakashinbun | 2019-06-20 17:02 | 森下 | Comments(0)

アピオス

b0142417_14521202.jpg
庭の小さな畑に埋めてあった「アピオス(ほど芋)」がやっと芽を出しました。マメ科のツル性多年草植物だそうです。
種芋を埋めてから芽が出るまで1ヶ月以上かかりましたが、芽が出てからはすごい勢いで伸びています。
食べたこともないし、育てるのも初めてです。
とにかく栄養価が高いらしいので、収穫が楽しみです。

b0142417_14522221.jpg
捨ててあった、腐らせてしまったジャガイモからも芽が出てきました。(^^ゞ

# by tanakashinbun | 2019-06-13 15:22 | 成田 | Comments(0)

外壁仕上げ そとん壁

b0142417_11584782.jpg



7月27、28日に完成見学会を行う、
葛飾区『アトリエのある家』の外壁仕上げの一コマです。

今回はそとん壁のスチロ鏝仕上げです。

下塗り・上塗りを重ね、表面を整えたあと
鏝でテクスチャーをつけていきます。今回はスチロ鏝仕上げです。
スタイロで円を描きながら、表情を出していきます。
この鏝の使い方で模様のつきかたも変わってきます。


今回はお客様のミルクティーのような色というご希望で、
すこしピンクがかったやさしいベージュ色を選定。

完成見学会の詳細は近くHPにて記載します。
皆様のご来場をおまちしております。








# by tanakashinbun | 2019-06-13 12:26 | 清水 | Comments(0)

ハーフユニットバスのメンテナンス

少し前ですが、
築10年ほどのお客様のハーフユニットバスの、板張り部分のカビを落としたいと相談があり、
クリーニング屋さんに、板張り部分を洗ってもらいました。

b0142417_09450049.jpg
洗い前 天井のカビが目立ちます
b0142417_09450230.jpg
壁にもカビがあちらこちらに出現してます
b0142417_09450338.jpg

b0142417_09450504.jpg

b0142417_09450717.jpg

b0142417_09463568.jpg

b0142417_09451270.jpg

b0142417_09451475.jpg

b0142417_09451544.jpg
ほぼ天井のカビは目立たなくなりました。
b0142417_09451798.jpg
壁のカビも目立たなくなり
b0142417_09451864.jpg

b0142417_09452243.jpg
b0142417_09452417.jpg
最後は撥水セラミックを塗装してメンテンナンスの終了です。

お客様からは、新築時みたいとお褒めの言葉を頂きました。



# by tanakashinbun | 2019-06-01 09:51 | 眞壁 | Comments(0)

床下6連発

最近定期点検や改修工事で立て続けに床下空間に潜っているのでその話です。


定期点検で床下に潜る際の点検項目は
・構造材の腐食劣化がないか
・土台などにシロアリによる蟻害がないか
・設備配管などの漏水、不具合などがないか

を中心に確認。

改修工事で初めてお会いするお施主様にも上記の確認に加え、
築年数に応じてシロアリの予防工事をおすすめしています。

床下空間はなかなか自由に身動きがとれず、お施主様自身も普段目にすることが
ない閉ざされた?場所ですが、潜ってみると結構発見があり楽しい場所でもあります。
というわけで最近潜った床下を少し紹介したいと思います。



b0142417_09133199.jpg


まずは床断熱の建物
断熱材は床面に敷いてあります。


b0142417_09232607.jpg

基礎断熱の建物
10年前に建てられたのですが、当時から気密施工を徹底しています。




b0142417_09272582.jpg

改修工事で伺った建物
床下に炭を敷きつめて除湿していました。




b0142417_09293676.jpg

築20年弱の建物のシロアリ予防の工事
床下に潜れれば建物は長持ちします。



b0142417_09321335.jpg

OMソーラーの床下ダクト
入社して間もない頃、それまでOMソーラーの存在すら知らず性能についても
正直半信半疑だったころ、ダクトから噴き出す暖気に驚きました。




b0142417_09343268.jpg

番外編
床下になぜかイチゴが落ちていました。
ひとまず救出です。

























































# by tanakashinbun | 2019-05-28 09:41 | 今枝 | Comments(0)

そうだ!工務店で家を建てよう展(OZONE)

リビングデザインセンターOZONE
4階特設会場で開催中(4/25~5/28明日まで)の
パネル展が好評につき場所を移して延長開催が決まりました。

そうだ!工務店で家を建てよう
~皆が幸せになる暮らし改革~


OZONE 6階 6/24(月)まで

是非ご覧ください。

b0142417_07510394.jpg



# by tanakashinbun | 2019-05-27 07:53 | 森下 | Comments(0)