<   2018年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年輪

b0142417_14292542.jpg
これは何だと思いますか?
亀の甲羅です。
亀は冬眠するので、甲羅には一枚一枚年輪が刻まれています。
木と全く一緒ですね!
子供が夏休みの自由研究で我が家の亀を調べていて知りました。106.png
b0142417_14311836.jpg

甲羅の筋を数えた結果
我が家の 小太郎 14歳 ・ 小次郎 9歳
亀の寿命は30年位だとか…。
亀より頑張らなくてはなりません148.png



by tanakashinbun | 2018-08-30 16:59 | 成田 | Comments(0)

手摺取り付け

弊社施工ではありませんが、伊礼智設計室で18年ほど前に建てたOMソーラーのお宅の
メンテナンスや改修の相談を受け、当時は手摺が不要でしたが、
今回、介護保険の住宅改修給付を利用し階段部分に手摺の取り付けを行いました。
b0142417_08064371.jpg
改修前
b0142417_08064882.jpg
改修前
b0142417_08065523.jpg
壁の漆喰・ボードをノミで落とし、下地をみつけ
b0142417_08065979.jpg
手摺の受け材の取付け
b0142417_08070493.jpg
取り付け後
b0142417_08070899.jpg
取り付け後
b0142417_08072386.jpg


by tanakashinbun | 2018-08-24 08:10 | 眞壁 | Comments(0)

向島の改修工事2

先日の向島の改修工事1に引き続いて基礎工事から紹介します。


b0142417_19224306.jpg


b0142417_19225216.jpg


b0142417_19282535.jpg


シャッターがあった部分に新設の基礎を立ち上げました。
既存の基礎との取合いやアンカーボルトの埋め込み長さの確保など、工夫が必要です。



b0142417_19372007.jpg

b0142417_19344140.jpg

b0142417_19361741.jpg

既存の外壁材を捲り、新設サッシの開口下地を組みます。
防蟻処理も忘れずに。


b0142417_19404509.jpg

内部の設備配管です。

隣地建物が迫っているため、設備スペースなども限られます。
排水管などは部屋を横断するカタチに。


b0142417_19445584.jpg

床の下地組です。

2階までの高さが決まっているため、床高を設定するのはなかなか大変です。
排水管が必要とする高さ、外部からのアプローチ、サッシの高さ、外壁材の目地との取り合い、
もちろん内部の住みやすさも大切です。


b0142417_19453855.jpg


本駒込のリノベーションでも採用した合板を使った気流止め。
際根太を使うときには重要です。


b0142417_19593478.jpg


b0142417_20025860.jpg

玄関部分の熱的境界。


b0142417_20045434.jpg

外周廻りの断熱工事を前に電気の荒引き配線です。


b0142417_20052091.jpg

外周廻りには高性能グラスウールのアクリアと気密シートを施工。


b0142417_20102133.jpg

外部では足場工事。

解体した外壁部分の施工、屋根・外壁の塗装工事を行います。


b0142417_20135799.jpg

既存の外壁材に合わせて施工していきます。
面積は少しですが、それがかえって難しい場面も。


b0142417_20262285.jpg


内部の間仕切り下地を組んでいきます。



b0142417_20275382.jpg

電気工事の様子。
普段から一緒に仕事をしている間柄だからこそ、多少手狭でも協力し合って作業を進められます。


今回は以上です。

次回は造作工事から竣工までです。





















by tanakashinbun | 2018-08-17 20:35 | 今枝 | Comments(0)

「町屋の家」造作工事

連日厳しい暑さが続く中
「町屋の家」では造作工事にとりかかっています。
b0142417_17222434.jpg
玄関の式台は洋サクラ、
上り框をアサダとしています。
どちらも赤身の材料で塗装後に
表情がぐっと引き締まるのが楽しみです。

b0142417_17222516.jpg
b0142417_17222544.jpg
玄関収納の製作も始まっています。
収納内には傘入れ、ブーツがそのまま入る
スペースもあります。
天板はタモの無垢板を使用しています。
左手奥には、カリンの一枚板を用いた
収納棚があり、玄関まわりだけでも
木質感にあふれた空間となっています。

b0142417_17054252.jpg



b0142417_17222539.jpg

2階北側から吹抜け、中庭方向。

b0142417_17054574.jpg
造作キッチンの製作の様子
3mを超えるステレスカウンターにジャンボシンクが付きます。

b0142417_17054780.jpg
梱包されているステンレスカウンター
造作キッチンの大きなメリットは幅や高さを
使う人に合わせて設定できること。
引き出しなどをシンプルに製作していけば
既製品と大きな差のない価格で
そこにしかないキッチンがうまれます。


b0142417_17222528.jpg
洗面脱衣室とトイレの建具枠
間近で見ると、キリっとした素晴らしい仕事ぶりです。
当社では建具と建具枠に既製品を使用せず、
枠は大工、建具は建具屋にて製作し、空間に建具を合わせる
手法としています。
枠一つ眺めていても美しい。

b0142417_17222693.jpg
子ども室のRの壁
タテにナナメにつながるこの部屋は
室面積以上に広がりと明るさを感じてもらえると思います。
仕上りが楽しみです。

b0142417_14523148.jpg



by tanakashinbun | 2018-08-07 14:46 | 森下 | Comments(0)

小堀遠州の庭

b0142417_09302806.jpg


ずっと行きたかった岡山県、備中高梁市に行ってきました。
こちらは、小堀遠州が作庭した、頼久寺の枯山水です。  
青海波を表す、写真左の大刈込と、島を表す中央の石組み。

TV番組、日曜美術館で小堀遠州の特集を見て以来ずっと  
来たかった場所です。                 


遠州は安土桃山から江戸時代前期にかけて作庭だけでなく 
建築、お茶、お花など多方面に才能を発揮した人です。  


大海原を模したダイナミックな庭をしばし堪能。     

備中松山城も行きたかったのですが大雨の影響で休城中。 
残念でしたが被害の大きさを考えたら仕方ありません。  


岡山県は閑谷学校など、行ってみたい場所がたくさん   
あるので、また是非再訪したいと思っています。     

      
  


 

  


   




by tanakashinbun | 2018-08-01 09:51 | 清水 | Comments(0)