人気ブログランキング |

2020年 01月 28日 ( 1 )

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却

先日、市川市で大谷石の塀を撤去して板塀を新設する工事を行いました。

林野庁が推進する「外構部の木質化支援事業」と市川市の「危険ブロック塀除却工事」
という二つの助成金に工事内容が合致、交付決定されるという非常に稀な現場でもありました。



まずは着工前の様子です。

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_14361391.jpg

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_14361931.jpg

大谷石の塀
最下段の表面が剥離しかかっていました。
表面が落下してしまう恐れがあるため撤去することに。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_15100184.png

撤去後の板塀のイメージをスケッチで提示
既製品のアルミの柵でも良かったかもしれませんが、庭づくりが好きな奥様にとっては板塀のほうが合っているのではないでしょうか。


そうこうしているうちに「木質化支援事業」の話が浮上しました。
助成金の申請と工事内容の打ち合わせを進めます。

木質化支援事業の要綱に材料の指定がありました。
「地際に接する部材はK4相当の処理を施したもの。」とあり、今回の工事では板塀の支柱がそれにあたるようです。
K4処理された材料を探したところ、普段ウッドデッキの大引きに使用しているマイトレックACQ材が月に1度、
K4処理の加工を行っているとのこと。さっそく手配します。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16042705.jpg

右が今回手配したK4処理材
普段使っている左側のものと比べると薬剤を含侵濃度?の違いが一目瞭然です。


木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16043212.jpg

木材の表面の処理にも違いがあります。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16072182.jpg

板塀にはヒノキ材を使用、支柱とともに会社の作業場であらかじめ塗装しておきます。




木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16095207.jpg
現場では大谷石の解体工事着工です。
一番下のグレーの部分はコンクリート基礎だということがわかり、状態も良好なためそのまま利用することに。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16114390.jpg

続いてブロック工事
化粧ブロックを2段積み、板塀の支柱を取り付けるためフラットバーを埋けておきます。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16251815.jpg

門柱も水色から白に塗装しました。



最後は板塀の工事です。

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16292687.jpg
支柱の取付け


木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16293573.jpg

頭には防水テープを貼り、水の侵入を抑えます。


木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16360889.jpg

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16294428.jpg

木口の塗装も忘れずに。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16422003.jpg

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16425615.jpg

割付けに配慮しながら郵便ポストと宅配ボックスも組み込みました。

お施主さんにも喜んでいただき、工事完了です。


工事後の報告書にアンケートがあり、年末の高ぶる??気分も重なって「木質化推進」について思うところを割と真面目に記入しました。
来年もこの制度が残るかはわかりませんが、アンケートに書いたことが生かされていると良いなと思います。



by tanakashinbun | 2020-01-28 16:59 | 今枝 | Comments(0)