人気ブログランキング |

大工の仕事

先日、木工事の絶賛ラストスパート中である荒川の家Ⅲで渡辺大工の仕事をしばらく見る機会がありました。
普段は造作工事の細かい過程まで見ることは少ないのですが、つくる過程を見ることで気付くこともあるので大事な時間です。


b0142417_20514663.jpg

渡辺大工がつくっているのはキッチンに設ける棚
キッチンに立った時に目線に見えるもので、周りが表情が穏やかなシナランバーを使った家具ばかりの中でこれだけは表情豊かな杉を使っていることもあり、
キッチンの印象を決める部分かもしれません。


そんなこともあってか??渡辺大工がものすごい集中していたので見入ってしまいました。



材料は杉のJパネルという材料
杉の挽き板を三層に重ね合わせたパネルで、工場で生産されていますが無垢の一枚板に近い材料です。
当然杉材本来のクセが残っています。
(やわらかいとか、繊維方向に割れやすいとか、赤身がこうで白太をこっちに持ってきてとか…エッジもきまりにくいかもしれません。)

b0142417_20515311.jpg

接合部分の加工です。
すごく複雑というわけではありませんが、強度や見た目を考えなければ他にも簡単な方法はあります。
背面以外すべて見えてくるというのがミソかもしれません。



b0142417_20521634.jpg

組んだあとも細部まで確認を欠かしません。


ひと息ついたとき、渡辺大工に
わざわ座のときより明らかに気合入ってますね。」
というと何かことわざっぽいことを言って笑っていましたが(忘れてしまいましたが…。)
なにはともあれ良いものができたと思います。





































by tanakashinbun | 2019-07-03 21:51 | 今枝 | Comments(0)

<< 「荒川の家Ⅲ」塗装工事 「荒川の家Ⅲ」大工工事 >>