人気ブログランキング |

材料出揃う(荒川の家Ⅲ)

大工工事の真っ只中の荒川の家Ⅲ

造作家具の要となるカウンター材の選定を行っています。

b0142417_08295834.jpg
田中が各所で買い付けた板材の中から、
計画に合うものを選び出していきます。
広葉樹の無垢材は見た目通りの重さです。
相当な重さの板を一枚一枚引っ張り出した現場監督も
大変骨の折れる作業だったと思います。

写真の中央とその左隣のチェリー材は
カウンターの形状を活かして、
丸みのあるまま、
耳をつけたまま
使用していこうと決めました。

材が決まる前の図面上のカウンター材の表記は長方形です。
そのため材の形状に合わせて、造作家具を再構成する必要があります。
進んでいる他の作業と合わせて折り合いをつけていく、
なかなか難しい仕事です。
ただ、材料から家具全体を整えるという
逆ベクトルの流れは
私たちみたいに素材に愛着を感じるものにとっては
この上なく大切なひと場面です。



by tanakashinbun | 2019-04-24 09:03 | 森下 | Comments(0)

<< 模型 ~軽井沢の山荘~ 計画説明に(仮:流山の家) >>