向島の改修工事3

向島の改修工事シリーズもいよいよ最後になります。


まずは床のフローリング貼り

b0142417_23281601.jpg


洗面脱衣室です。
おなじみのカラマツフローリングを使っています。


白太と呼ばれる部分に比べて、赤身のほうが腐りにくいという特徴を活かし、
浴室への出入り口部分には赤身の材を使用しています。

これは担当した麻尾大工の心配り、なかなか細やかです。


b0142417_23392048.jpg


物入れ内部の既製品の枠を使わない床下点検口
一般的な床下点検口のようなアルミ等の枠は使いません。


弊社ではよく見るつくりですが、簡単なわけではありません。
決して広くない空間だからこそ、こういった小さな積み重ねが活きてきます。



b0142417_23490791.jpg


フローリングを貼り終えると、外周まわりのプラスターボードを貼ります。


b0142417_23503673.jpg

建具枠の取り付け


b0142417_23523873.jpg


単に玄関を組むだけでは面白くない、
という社長案でカラマツパネルを使った式台に変更。

また一つ、おもしろくなりました。


b0142417_00032373.jpg

天井下地を組む前にH型鋼の梁の間に断熱材を詰めていき、断熱欠損を防ぎます。


b0142417_06322920.jpg

天井裏には2階からの足音などを考え、吸音用としてグラスウールを敷きこみます。


天井のプラスターボードを貼って木工事は終了です。



b0142417_00083025.jpg


b0142417_00084363.jpg


外部では塗装工事の大詰めです。
屋根には遮熱性のある塗料を使っています。


b0142417_00170015.jpg


足場が取れ、建物の裏側ですが、全景が見えてきました。
真ん中が改修工事の建物です。


b0142417_00072922.jpg

三階建てながら屋根から外壁まで、ほとんど一人でこなした塗装屋さんと足場からのオフショットです。



b0142417_00205234.jpg
引き続き、内部の塗装工事です。


b0142417_00220136.jpg

b0142417_00222196.jpg

b0142417_00222952.jpg



内装工事です。

超撥水和紙の玉紙を使っています。


b0142417_00304785.jpg

b0142417_00301336.jpg

電気設備、水道設備の器具付けを終え、クリーニングののち、工事完了です。






b0142417_00333869.jpg

改修前の南側の様子


b0142417_00354466.jpg

改修後の様子

改修前は大きなシャッターが付いていました。
外壁を新設し、玄関引き戸を設けました。


b0142417_00335403.jpg
改修前の北側の様子


b0142417_00421457.jpg


改修後の北側の様子

南面と同様にシャッターが取り付いていましたが、撤去して外壁を新設し、キッチンの小窓を設けています。



b0142417_00341741.jpg

改修前の1階倉庫の様子


b0142417_00463703.jpg



b0142417_00465322.jpg

b0142417_00470107.jpg


b0142417_00472572.jpg

b0142417_00471249.jpg



工事内容としては、マンションの改修工事に似た部分がありながらも、
外壁やサッシの刷新、浴室他水廻りの新設など、倉庫だった場所を住居として使えるようにするおもしろさがありました。

工事中は上の階にお施主様が住んでおり、新たに住まわれるお母様と一緒に何度も現場をご案内しながら進めることができました。
お引き渡し後は二世帯住宅のような形となるので、より長く住んでいただければと思います。

























[PR]

by tanakashinbun | 2018-10-04 01:05 | Comments(0)

<< 「町屋の家」と「荒川の家Ⅱ」 「荒川の家Ⅱ」上棟 >>