ぺんてる グラフ1000

b0142417_19025810.jpg


先日、普段から使っているシャープペンが壊れたので新調しました。
上の写真のグラフ1000というシャープペンを使っています。製図用のシャープペンですが、現場など場所を問わず毎日胸ポケットに入れて使っています。

芯の太さには少しこだわりがあります。
通常シャープペンというと0.5ミリが一般的ですが、私は0.9ミリを使っています。
建物の部分納まりをノートで考えるときには細くしっかりとした線を描くことができ、
現場では木やコンクリートにも力負けせず墨をつけらる太さです。
様々なスケールを行き来できます。

グラフ1000に関しては長い間使いすぎてなかなか特筆することは難しいですが、
時折まじまじと見つめてしまう形の美しさがあります。
発売から30年以上経つロングセラーだそうですが、それも納得です。

美しく、機能的で、丈夫であること。弊社の家づくりに通じるところがあります。


















[PR]

by tanakashinbun | 2018-03-13 21:09 | 今枝 | Comments(0)

<< ベビーゲード(腰戸) 狭小地リノベーション(天沼) >>