マンションリフォーム 2

     前回にひきつづいて、マンションリフォーム話の続きです。
     購入から13年、築38年(住宅ローン控除ギリギリ物件でした)。
     入居時はまだ赤ん坊だった子供も今や中学生。
     6畳個室×3部屋+狭いLDKの我が家は、なんとなく住みにくい
     家になっていたのでした。

     加えて設備の老朽化。給湯器は1985年製でそうとうお疲れです。
     床もどうせなら無垢のフローリングかコルクにしたい。
     このようなきっかけからリフォーム計画ははじまりました。
           
     とはいえ、60㎡の我が家。できることは限りがあります。
     目指したのは以下の3点。
     ①LDKは対角に視線を抜き、できるだけ広く感じられるようにする
     ②子供に個室は必要だけど完全な個室ではなく、なんとなく
      家族のいるリビングとつながっているようにする
     ③メインの建具はすべて引き戸にして、基本は開けっ放しにする。
       
     という思惑のもと出来上がった平面が以下です。
     次回はスケルトンか部分リフォームか、について書きたいと思います。
b0142417_08303041.jpg

             

[PR]

by tanakashinbun | 2018-03-01 10:13 | 清水 | Comments(0)

<< 狭小地リノベーション(天沼) ガラスストッパー >>