人気ブログランキング |

木部のメンテナンス

勝田台の家の木部をメンテナンスしてきました。
木部のメンテナンス_b0142417_12043153.jpg
始めてのメンテナンス塗装は職人さんにお願いし、
今後は出来る箇所は自分達で塗装を行いたいとの事で
ペーパー掛けや塗装の仕方を職人さんからレクチャーしてもらいながら一緒にメンテナンスしてきました。
木部のメンテナンス_b0142417_12043681.jpg

木部のメンテナンス_b0142417_12043980.jpg


# by tanakashinbun | 2020-03-24 12:06 | 眞壁 | Comments(0)

房総グルメ

去年の11月に千葉県の鋸南町にある、保田漁協直営店「ばんや」へ行っていきました。
その時におなかいっぱい食べた美味しい海鮮料理を求め、2月末の連休に再び鋸南町へ向かいました。

ところが連休ということもあって、着いた時には行列ができていました。
美味しい魚をたくさん食べようと朝食を食べずに出てきため、空腹には耐えきれず
今回は諦めることになりました。

ということで、前回食べたものを紹介します。
房総グルメ_b0142417_15594388.jpg
「マグロのカツ」と「刺身の盛り合わせ」
マグロのカツは子供たちに好評でした。
房総グルメ_b0142417_15593550.jpg
かき揚げ!!
房総グルメ_b0142417_16182914.jpg





















伊勢えび!!
刺身の後は頭を入れた味噌汁を人数分いただきました。

房総グルメ_b0142417_15591120.jpg

















こちらが店構えです。
左にチラリと屋根のブルーシートが見えますが、隣の棟と別館は台風被害で使うことが出来なくなっていました。
房総グルメ_b0142417_15592933.jpg
房総グルメ_b0142417_15592566.jpg

去年の11月、この近くの海岸は台風で打ち寄せられたゴミがたくさん残っていました。



そして今回、空腹に耐えきれず向かった先は「道の駅 三芳村 鄙の里」にあるビンゴバーガーです。

房総グルメ_b0142417_16000140.jpg
房総グルメ_b0142417_15595677.jpg
こちらも天気が良かったからなのか、ツーリングの途中で立ち寄った方が多く並んでいました。
30分ぐらいは並びましたが、やっとブランチを食べることが出来ました!
房総グルメ_b0142417_16000562.jpg
肉の味をしっかり楽しめる美味しいハンバーガーです。
サイズも大きくて、これ一つでおなかいっぱいになりました。

また近いうちに「ばんや」は再チャレンジをしたいと考えています。





# by tanakashinbun | 2020-03-18 18:03 | 成田 | Comments(0)

とある幅接ぎ材の話

先日OBの方より「天板の幅接ぎ材が割れている」と連絡があり、さっそく伺いました。

幅接ぎ材とは10センチ幅程度の挽き板を剥ぎ合わせたもので、見た目や特徴も無垢の一枚板にかなり近いといえる材料のため、弊社ではカウンターの天板などに使っています。

今回はその何枚かの幅接ぎ材が冬の乾燥で伸び縮みしてしまい、割れが発生してしまったというもの。割れが大きかったのはキッチンと玄関収納の2か所で共にタモ材。
フローリングが伸び縮みをして隙間があいてしまったり…というお話はよく聞きますが、幅接ぎ材が大きく割れている、というのは正直なところ初めてだったので驚きました。無垢材を使う上で避けることのできない伸び縮みのようすとその補修方法を紹介します。


まずはキッチンカウンターから。

とある幅接ぎ材の話_b0142417_18293177.jpg

とある幅接ぎ材の話_b0142417_16262792.jpg

左側7ピースだけが全体的に縮み、「左側7ピース、右側1ピース」の二つに割れてしまいました。
端部は割れとムクリ癖がついてしまい、強制することは難しそうです。
埋め木や樹脂の注入も考えましたが、夏に湿気を含んでタモ材が伸びた際にその動きに追従できるのか疑問です。



とある幅接ぎ材の話_b0142417_17422857.jpg

竹平大工から案があり、端金を使って天板と下台を切り離した後、再度接着する方法をとることに。



とある幅接ぎ材の話_b0142417_17463611.jpg

ゆっくりと端金を締めていくと途中で「バチッーン!」という大きな音と共に天板と下台が離れました。
それぞれピースを下台としっかり固定し、裏あて材なども使って接ぎ合わせます。



とある幅接ぎ材の話_b0142417_17512788.jpg

完成が見えてきてほっとした竹平大工。
非常に不自然な笑顔を浮かべます。
最後に仕上げの作業をして、一晩端金をかけさせてもらい完了です。



とある幅接ぎ材の話_b0142417_17574996.jpg

とある幅接ぎ材の話_b0142417_17575445.jpg





1階では階段下の玄関収納の割れを補修しました。

とある幅接ぎ材の話_b0142417_18022163.jpg

こちらは2階とは違い、場所が手狭で端金やちぎりなども使えないため樹脂を使って埋めることに。
以前会社で購入した「knot filler」という工具を使います。
動画サイトなどで調べると作業の様子なども見ることができます。


****************************************************************************************
とある幅接ぎ材の話_b0142417_18084250.jpg

余談ですが、新築工事の際、すぐ脇にある玄関の式台の割れにはちぎりを用いました。


****************************************************************************************

knot fillerを使います。

とある幅接ぎ材の話_b0142417_18105885.jpg

まずは色選びから。
10色近くあるので仕上がりをイメージしながら慎重に選びます。


とある幅接ぎ材の話_b0142417_18120294.jpg

とある幅接ぎ材の話_b0142417_18124233.jpg

とある幅接ぎ材の話_b0142417_18163653.jpg

樹脂を注入して専用のスクレーパーですき取ります。
スクレーパーは幅が広いので、塗装を傷めないように鑿ですき取るのも良いかもしれません。
サンドペーパーでぼかし、クリア塗装をして完成です。


湿気を持ち材料が膨張した際にどういった動きをするのかわからない部分もありますが、2か所とも無事終了です。



今回の訪問でお施主様から「木の家に住むので、こういったことはある程度は承知していた。」というお話をいただきました。
弊社では普段から木材をよく触れているため「木材とはこういうものだ。」ということを念頭に仕事をしていますが、
「天板が割れるなんて欠陥以外の何物でもない」というのが世の一般的な感覚だと思います。
弊社でも割れを防止できるよういろいろと工夫を凝らしているわけですが、それでも追いつかない、予想できないことはまだあり、
お施主様の木材への理解やその付き合い方にただただ感謝した、というお話でした。




# by tanakashinbun | 2020-03-14 18:55 | 今枝 | Comments(0)

SUZUKI新店舗工事(地盤調査)

まもなく着工予定のお蕎麦屋さん
SUZUKI新店舗の地盤調査を行いました。
SUZUKI新店舗工事(地盤調査)_b0142417_15533147.jpg
SUZUKI新店舗工事(地盤調査)_b0142417_15533950.jpg
木造平屋40㎡のコンパクトなおそば屋さん
べた基礎を採用し、建設省告示第1347号に基づき必要地耐力を20kN/㎡としています。
この規模の建物は基礎下2m程までの地盤状態に大きく影響されます。
このエリアでは1m程度まで盛土しているケースが多く、
慎重に結果を読み解く必要があります。



# by tanakashinbun | 2020-03-06 19:50 | 森下 | Comments(0)

雛祭り

雛祭り_b0142417_10582226.jpg

本日は雛祭り。
実家で長いこと箱に入っていた雛人形をもらってきました。

マンション住まいの我が家にとってこの箪笥はいわば床の間。

季節折々の品を飾って楽しむスペース、というのが理想ですが
普段は本、ティッシュペーパー、リモコンが居座ってます。

せめて3月はレンギョウやらユキヤナギを飾って春を演出です!





# by tanakashinbun | 2020-03-03 11:09 | 清水 | Comments(0)

OMハンドリング機器の交換

弊社施工物件では無いのですが、OMが動いて無いと相談があり
調査をして調べると、電気系統の故障。
26年前の制御盤のため交換部品が無いとの事で、OMソーラーを諦めるか、
ハンドリングを交換するかで悩み、交換することになりました。が
補助暖房が2種類あり、お湯とり有の、ハイスペックな物件のため
OMソーラーさん協力のもとで交換してきました。

交換前
OMハンドリング機器の交換_b0142417_14533233.jpg
細長い小屋裏の奥にハンドリングがあります

OMハンドリング機器の交換_b0142417_14540656.jpg
旧M型ハンドリングが吊られてました。

交換後
OMハンドリング機器の交換_b0142417_14551875.jpg
新ハンドリングを設置し補助暖房と貯湯槽の配管も結び直し

OMハンドリング機器の交換_b0142417_14550537.jpg
ダクトの位置も変わるので結び直しです。
全てが交換出来るまで3日間かかりました。







# by tanakashinbun | 2020-02-18 15:01 | 眞壁 | Comments(0)

バレンタインデー×サーターアンダギー

毎年、バレンタインデーが近くなると気が重くなってきます…。
うちの小学生の娘が、クラスメイト全員(男女共)に手作りお菓子を配り歩くからです。
この学校だけなのでしょうか?女の子達の恒例行事になっています。
ほぼ全員が作ってくるので、お菓子のプレゼント交換みたいなものです。
まだ一人では作れないので、親が大変です(^^;)

今年も悩んだ末に、サーターアンダギーを作ることにしました。

バレンタインデー×サーターアンダギー_b0142417_15152715.jpg
まずはバレンタイン仕様で沖縄の友達の家で教えてもらったレシピをアレンジして、
上白糖+ココアで作ってみました。

バレンタインデー×サーターアンダギー_b0142417_15160554.jpg
一色では寂しいので、きび砂糖を使ってみました。

ひたすら丸めては揚げること2時間半
バレンタインデー×サーターアンダギー_b0142417_15164588.jpg
サーターアンダギーの山が出来上がりました!!

あとはこれをラッピングしてみんなと一緒に配って歩くだけです!
みんなで回るのが楽しいのでしょう(^o^)

参考までに、私が教えてもらったサーターアンダギーのレシピです。
サーターアンダギーは卵の水分しか入れないので日持ちがするところが良いです!
その分、全て粉を入れ終わると生地が固くなり混ぜるのが大変です!!

〈 材料 〉

★小麦粉 800ℊ
★ホットケーキミックス 200g
★ベーキングパウダー 大さじ山1
☆砂糖(黒糖など) 600g
☆塩 ひとつまみ
☆卵 中8個
☆油 大さじ1
☆バニラエッセンス 少々…好みで
 揚げ油 適量

1.☆の材料を泡立て器で混ぜる。
2.1に★を数回に分けて入れながら混ぜる。
3.低温(160度ぐらい)の油で揚げる。

※1.この分量だとサーターアンダギーの山ができてしまいます。
 半分にすると1時間ぐらいで揚がります。
※2.丸める時は手を濡らしておくと生地がくっつきません。
 家庭の鍋では小さめに作らないと中まで火が通るのに時間がかかってしまいます。
※3.油に入れると始めは沈んでいますが、浮いてきて自然にクルクル回ります。
 割れ目がこんがりしてきたら出来上がりです!



# by tanakashinbun | 2020-02-12 16:38 | 成田 | Comments(0)

「大井の家」竣工

「大井の家」竣工_b0142417_13334760.jpg
「大井の家」は2/1(土),2(日)におかげさまで完成見学会を開催し、
翌日には竣工写真を撮影しました。
「大井の家」竣工_b0142417_13342942.jpg
外壁・屋根ともにガルバリウム鋼板
ニスクカラーProのフリントグレー

「大井の家」竣工_b0142417_13342732.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13470011.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13344196.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13343995.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13343252.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13354420.jpg
駐車場脇の玄関。下駄箱はこれから製作予定。

「大井の家」竣工_b0142417_13364139.jpg
ガレージから続く土間と勝手口。
「大井の家」竣工_b0142417_13371594.jpg
土間には簡易な合板の床を敷くことが可能。

「大井の家」竣工_b0142417_13373243.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13374367.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13391196.jpg

「大井の家」竣工_b0142417_13381285.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13384012.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13390500.jpg
窓から公園の桜をのぞむ

「大井の家」竣工_b0142417_13381025.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13380875.jpg
4枚の有孔ボードで簡易に構成された建具。
「大井の家」竣工_b0142417_13391544.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13393627.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13422327.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13425926.jpg
ご主人が選ばれたこだわりの引手

「大井の家」竣工_b0142417_13431628.jpg
厳しい高度斜線を逆手に
空間を有効活用

「大井の家」竣工_b0142417_13431916.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13432209.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13433351.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13433613.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_13462139.jpg








「大井の家」竣工_b0142417_14042180.jpg
計画に入る前クライアントから渡されたのは
白紙のヒアリングシートとA5サイズのコンセプトブックでした。
ですので、クライアントのプロフィールを何も知りませんし、伺うこともありませんでした。
このコンセプトブックで結構な価値観の共有がはかれると思ったからです。
こういうスタートは人生初めてです。
ですが、ご夫婦の人柄でしょうか、不安はほとんど感じませんでした。
「大井の家」竣工_b0142417_14030783.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_14030796.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_14030881.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_14030883.jpg
「大井の家」竣工_b0142417_14030849.jpg
ボール紙の模型はご主人が製作されました。
ご自身で色々と考えるために、プランが変わる度に。
どれだけ製作されたのでしょうか。
奥様からはご主人がいつも大変嬉しそうにつくられていると聞いていました。
そして、この模型は複雑な立体形状を持つこの家を
奥様がイメージされるのにおおいに役に立つものでした。

「大井の家」竣工_b0142417_14220096.png
「大井の家」竣工_b0142417_14200428.jpg
追加でいただいた2枚の写真。
これはこの家のコンセプトです。
一つは愛用しているスチールラックに合わせて空間を設計すること。
もう一つは窓から公園の桜が楽しめること。

完成見学会時にはご主人があらかじめ設置されたスチールラックと書籍、
桜をのぞむ窓に設えた4枚の有孔ボードからなる簡素な建具は空間的特徴を代表しています。
この家の核のような存在です。

ここを訪れた時に感じる
既視感にも似た、懐かしさもある空間。
時間がゆったりと流れています。
広いわけではなく身体を包むような空間で
ずいぶんと落ち着く。
大変離れがたいものでした。

「大井の家」竣工_b0142417_13391544.jpg
 






# by tanakashinbun | 2020-02-04 13:47 | 森下 | Comments(0)

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却

先日、市川市で大谷石の塀を撤去して板塀を新設する工事を行いました。

林野庁が推進する「外構部の木質化支援事業」と市川市の「危険ブロック塀除却工事」
という二つの助成金に工事内容が合致、交付決定されるという非常に稀な現場でもありました。



まずは着工前の様子です。

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_14361391.jpg

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_14361931.jpg

大谷石の塀
最下段の表面が剥離しかかっていました。
表面が落下してしまう恐れがあるため撤去することに。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_15100184.png

撤去後の板塀のイメージをスケッチで提示
既製品のアルミの柵でも良かったかもしれませんが、庭づくりが好きな奥様にとっては板塀のほうが合っているのではないでしょうか。


そうこうしているうちに「木質化支援事業」の話が浮上しました。
助成金の申請と工事内容の打ち合わせを進めます。

木質化支援事業の要綱に材料の指定がありました。
「地際に接する部材はK4相当の処理を施したもの。」とあり、今回の工事では板塀の支柱がそれにあたるようです。
K4処理された材料を探したところ、普段ウッドデッキの大引きに使用しているマイトレックACQ材が月に1度、
K4処理の加工を行っているとのこと。さっそく手配します。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16042705.jpg

右が今回手配したK4処理材
普段使っている左側のものと比べると薬剤を含侵濃度?の違いが一目瞭然です。


木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16043212.jpg

木材の表面の処理にも違いがあります。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16072182.jpg

板塀にはヒノキ材を使用、支柱とともに会社の作業場であらかじめ塗装しておきます。




木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16095207.jpg
現場では大谷石の解体工事着工です。
一番下のグレーの部分はコンクリート基礎だということがわかり、状態も良好なためそのまま利用することに。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16114390.jpg

続いてブロック工事
化粧ブロックを2段積み、板塀の支柱を取り付けるためフラットバーを埋けておきます。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16251815.jpg

門柱も水色から白に塗装しました。



最後は板塀の工事です。

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16292687.jpg
支柱の取付け


木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16293573.jpg

頭には防水テープを貼り、水の侵入を抑えます。


木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16360889.jpg

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16294428.jpg

木口の塗装も忘れずに。



木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16422003.jpg

木質化支援事業と危険ブロック塀の除却_b0142417_16425615.jpg

割付けに配慮しながら郵便ポストと宅配ボックスも組み込みました。

お施主さんにも喜んでいただき、工事完了です。


工事後の報告書にアンケートがあり、年末の高ぶる??気分も重なって「木質化推進」について思うところを割と真面目に記入しました。
来年もこの制度が残るかはわかりませんが、アンケートに書いたことが生かされていると良いなと思います。



# by tanakashinbun | 2020-01-28 16:59 | 今枝 | Comments(0)

「大井の家」見学会間近

2/1(土)、2/2(日)に完成見学会予定の「大井の家」。
足場がとれ外観が露わになりました。

「大井の家」見学会間近_b0142417_18463673.jpg

「大井の家」見学会間近_b0142417_18464329.jpg
ご主人がプレゼン図をもとに模型をつくられ、
模型を傍らに置きながら何度も打合せを重ね、
たどり着いた外観の表情。
その想いや意図はしっかりと汲み取られ、
職人の手によってようやく完成を迎えようとしています。

「大井の家」見学会間近_b0142417_08023298.jpg
外壁にはガルバリウム鋼板の小波板(ニスクカラーPro)を採用。
ニスクカラーProは原板にマグネシウムの防錆効果を加え耐食性を増したSGL(次世代ガルバリウム鋼板)
塗装に強化ポリエステル樹脂を使用し、塗膜15年保証、穴あき25年保証。
長期の美観維持を実現しています。





# by tanakashinbun | 2020-01-23 08:01 | 森下 | Comments(0)