工作教室2008(1日目)

今年も工作教室の時期がやってきました。

毎年8月の一週目の土日に開催させて頂いていますが、
今年も大変多くの応募を頂き、
本日も暑い中、多くの方々にご参加を頂きました。


これまでの本立て、マガジンラック、フロイスなどに加え、
新作として新聞紙ラック(またはおもちゃ箱)がラインナップに加わりました。

また、毎年恒例の「かんな・のこぎり体験コーナー」も開催。
多くのお子様たちが初めてみるかんなや薄い削りカスに大喜びでした。

暑い最中の作業ですので、冷たいお茶も用意していたのですが、
みなさん作業に夢中になって、声をかけないと
お茶も飲むのも忘れるほど、みなさん集中されていました。


まだ小さいお子様もいらっしゃいましたが、
ゲームや携帯が遊びの中心になっているこの頃
こういったイベントにに参加して頂けるのは嬉しいことです。

イキイキした子供の表情というのはやっぱり良いものですね。
真剣な表情に何か忘れてしまったものを見た気がしました(笑)
b0142417_1733080.jpgb0142417_1734112.jpg

b0142417_174121.jpgb0142417_1742290.jpg
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-08-02 16:53 | Comments(0)

足場が外れました

金町の現場です。

本日、ついに足場が外れました。
いつも見慣れたはずの現場が、違って見えるから不思議です。

黒のガルバリウムとバルコニーの板のコントラストがきれいです。
今回はお隣の窓からの目線を隠すため、2Fから3Fにかけて
一部連続して、板を張っています。
3F建なので、このぐらいの板のボリュームが丁度良いような気がします。

足場が外れると、いよいよ仕上げ。
忙しくなります!(大森)
b0142417_20201454.jpg
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-08-01 20:20 | Comments(2)

試し押し

「大工がつくる家具」がスタートし、
少しづつですが、ご注文も頂き、ご好評を頂いております。

その家具の裏には弊社オリジナルの焼印を押させて頂いていますが、
これを押すのが以外と難しいのです。。。。

コンセントのついた電熱タイプもあったのですが、
手技をみせる家具には、手技で押すタイプだろうと
あえて通常タイプを選択。

なので、家具が出来、焼印を押すタイミングになると
下小屋に試し押しの3.5角がころがることとなります。
(あまりうまく押せていない焼印があってもご愛敬でお願いします)b0142417_2195493.jpg
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-07-29 21:20 | Comments(0)

階段が始まりました。

金町の現場では、階段の工事が始まりました。

本当は早い段階で階段をかけた方が上下の移動は楽なのですが、
大型のものを搬入する経路が他にないため、工事を待っていました。
3Fから見下ろしてみると壮観な眺めです。(大森)

b0142417_21165236.jpgb0142417_2117336.jpg
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-07-11 21:17 | Comments(0)

現場をきれいに

現場に行くと、いつの間にやら
ネダノンで作った収納棚が置いてありました。

煩雑になりがちなビスやテープ類がコンパクトにまとめてあり
脇には箒とちりとりがかかるような仕組みになっています。
底面にはキャスターが付いていて、動かすこともできます。

自分たちもなるべく現場をきれいに!というのが鉄則ですが、
大工さんもこういった心遣いをしてくれると助かります。(大森)

b0142417_13491941.jpg
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-06-19 13:49 | Comments(0)

梅雨の合間に

今日は梅雨の合間の晴天となりました。

金町の家の現場では、このタイミングを逃すまい!とばかりに
大工、板金屋さんが外部の工事を進めていました。

金町の家のOM取込み口は、軒裏に貼るケイカル板の色に合わせ
通常の黒ではなく、白いものを使っています。

新鮮で爽やかな感じです。(大森)

b0142417_21563595.jpgb0142417_21564623.jpg
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-06-13 21:56 | Comments(0)

ブログ始めました

田中工務店の現場監督によるブログを始めました。

各現場からの報告を中心に、弊社のこだわりの木の家づくりの過程を、
現場からの生の声で、お伝えしていければと考えております。

三代目のダイアリー、コイワびと。とともに、
どうぞよろしくお願い致します。
[PR]

# by tanakashinbun | 2008-06-12 21:44 | Comments(0)