「荒川の家」大詰め

来週の日曜日26日に完成見学会をする「荒川の家」

製作建具の吊り込みやトイレや洗面化粧台などの衛生設備の設置、
外構工事が進行しており、完成に向けての大詰めです。



b0142417_17122253.jpg
斜めに広がる玄関上のバルコニー。
軒としての役割も十分に果たし、板貼りの劣化を抑え、
外観に変化を与えています。

b0142417_17122393.jpg
バルコニー上の軒の出は3尺程。

b0142417_17122369.jpg
玄関引き戸はドアホンでも開錠できる電気錠付き。
羽目板は秋田杉の赤身にオスモカラーのノルディックレッド

b0142417_17122312.jpg
ポスト脇にはカワジュンの傘掛け

b0142417_17125481.jpg
バルコニー手摺はスチールに溶融亜鉛メッキで製作
溶融亜鉛メッキには亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制する効果があります。
手摺をつけることで通常の布団バサミが使用できるように

b0142417_17125428.jpg
b0142417_17125572.jpg
b0142417_17125501.jpg
b0142417_17140684.jpg
バルミューダのトースターが使いやすいように設計した造作キッチン。
多くの奥様の想いが込められているキッチン。

b0142417_17140777.jpg
b0142417_17140742.jpg
正面は壁面に設置した造作のTV台

b0142417_17140789.jpg
紀州杉の燃え代梁と鴨居
大きな断面の鴨居は面取りを大きくすることですっきりと見せています。

b0142417_17143431.jpg
b0142417_17143545.jpg
3枚の建具が壁の中に納まる引き込み戸
戸蓋をつけることで見た目もきれい

b0142417_17143589.jpg
b0142417_17143626.jpg
子ども部屋には勾配天井を利用した壁面収納
棚柱はロイヤルの製品を使用
様々な収納用パーツが用意されており、
拡張性が高いです。

b0142417_17150876.jpg
b0142417_17150830.jpg
b0142417_17150926.jpg
b0142417_17150936.jpg
北側のハイサイドライト
日中はずっと明るい
電動で開閉し、重力換気が行えるので
中間期などの冷暖房負荷低減に役立ちます。

b0142417_17154440.jpg
造作のライティングレール
燃え代梁に渡して天秤のようなデザイン
どこにもない、ここだけのもの

b0142417_17154408.jpg
b0142417_17154580.jpg
b0142417_17154507.jpg

[PR]

by tanakashinbun | 2017-11-17 17:42 | 森下 | Comments(0)

<< 「荒川の家」完成間近 ジャパンホームショー2017「... >>